教員採用試験の体験談をぶっちゃける! 【現役教師が語ります】

公務員試験・教員採用試験

 

学生
学生

教員採用試験の勉強しようと思うけど、一体どんな受験なんだろう。流れを知っておくと見通しが持てて安心するし勉強も捗るんだけどな〜

 

教員採用試験の様子を知りたい人向けの記事です。

本記事では、

  • 当日までの様子
  • 一次試験の体験談
  • 二次試験の体験談

 

について書いています。

これから教員採用試験を受ける人は見通しがもてますので、ぜひご覧ください!

また、後半では当日できる対策も書いていますので、お見逃しなく!

 

この記事を書いている親育てはこんな人です。

 

親育て
  • 現役教師+一児の親
  • 教育カウンセリング講座20回以上受講
  • 特別支援教育経験あり
  • 教育・心理学関連の本を40冊以上読破
  • 教員採用試験を9割とり、A判定で一発合格

親育て
親育て

ではいきましょー!

 



 

教員採用試験当日まで

 

私が、教員採用試験の勉強をし始めたのは2年の冬からです。

他の人と比べると少し早かったかもしれないですね。

 

というのも私は本当に頭が良くなかったからです!!

偏差値50程度です。

 

しかし、持ち前の努力と勉強方法でなんとか合格できました。

詳しい教員採用試験勉強法については他の記事でまとめているので、そちらを参考にしてみてください!

 

 

教員採用試験の一次試験の様子

 

まずは一次試験はどんな感じで行われたのかについて書いていきます。

私の場合、試験会場は近くの高校だったので各教室で試験が行われました。

 

いろんな年齢層や知っている人もいる

 

教員採用試験を受ける人は大学生だけでなく、臨時採用の先生、一般企業で働いていた人など、様々です。

ですからいろんな年齢層の方いてセンター試験や高校受験とはまた違った雰囲気で行われていました。

親育て
親育て

とは言え、緊張具合は他の試験と変わりはありません!

 

休憩時間は騒がしい

 

私は通っていた大学の都道府県の教員採用試験を受けていたこともあって、同じ大学の人が大勢いました。

友達たくさん状態ですから休憩時間になると喋りだします!

 

受験者
受験者

さっきの教職教養のとこなんだった?

 

高校の期末テストが終わったあとの高校生のように問題を振り返ります。笑

 

でも受験中過去を振り返るのは正直無駄です。

自分のペースで受験に望むのが一番だと思いますので、

  • 次の範囲をノートや参考書でさらっとおさらいしておく
  • 静かに飲み物を飲んだり深呼吸したりして整える

などして、精神を落ち着かせておきましょう!

 

教員採用試験の二次試験の様子

 

待機場所から色々な場所へ試験を受けに行く

二次試験も高校の校舎で行われました。

多目的室のような大きい教室が待機所になっています。

 

私が受験したときは、

  • 個別面談と模擬授業
  • 集団討論
  • 実技(ピアノや水泳)

などを二日かけて行いました。

ですので水泳の場合はプールへ向かうし、集団討論は2階の○年教室でなどと学校中で試験が行われていました。

 

髪を乾かせないのは謎

 

水泳の実技の後に面接なども引き続きあります。

しかも、髪の毛びちゃびちゃのままなんすよ!!

濡れたままスーツを着て面接をするってけっこう鬼ですよね・・・

 

私は最後の試験が水泳だったので、そのまま帰ることができたのでラッキーでしたが特に髪の長い方は大変だろうなと思いますので、受験する都道府県に水泳の実技がある方はドライヤーは使っていいのか確認したり髪を短くしたりすることも検討したほうがいいかもしれませんね。

試験の情報が手に入る

 

私が受験した会場は教室の廊下側の壁が全て窓になっていたので、模擬授業で何が行われているか見えました!!

これってかなりのアドバンテージですよね!

急いで待機所へ戻り、教科書データや指導案などを探して授業を練っていました!

 

おかげで面接官に褒めてもらえる導入ができました。

本当ラッキーでしたね!

 

また、ピアノの実技も何の曲か聞こえてくる場合があります。

私は順番待ちをしているときに聞こえてきたので、必死に思い出して練習していました。

 

どちらにせよ、トップバッターでなければ情報は手に入る可能性が高いです!

これは運次第ですが、試験は情報戦ですので最後まで合格のためにできることがあるならしてみましょう!

 

ちなみにそんな私は、集団討論だけは一番最初の組に一番最初に名前を呼ばれてAさんとなってしました。

何をするにも一番最初でとても緊張しましたが、そんなこともあるので要注意です!

 

まとめ 落ち着けば情報が手に入る

 

今回の記事では、教員採用試験の体験談として本番当日のリアルな様子を書きました。

 

一次試験は、

一次試験
  1. いろんな年齢層や知っている人もいる
  2. 休憩時間は騒がしい

 

普通の試験とさほど変わりがない印象でした。

 

二次試験は、

二次試験
  1. 待機場所から色々な場所へ試験を受けに行く
  2. 髪を乾かせないのは謎
  3. 試験の情報が手に入る

 

二次試験は情報が手に入るなと感じたのが印象的でした。

最後まで悪あがきできるチャンスがあるので、これから受験する方の参考になったら嬉しいです! 

 

ではまたっ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました